レビュー

HP Pavilion Aero 13-be(2023年モデル)レビュー:コスパは最強クラスの超軽量モバイルノートPC

HP Pavilion Aero 13-be2000

2023年発売の『HP Pavilion Aero 13-be2000』(以下、”HP Pavilion Aero 13-be”)は、は、13.3インチディスプレイ搭載のモバイルノートPCです。重さが1kgを切る超軽量タイプでありながら、CPUは非常に高性能。その上、同クラス製品よりもリーズナブルな価格で入手できます。

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

13.3インチモバイルノートPC『HP Pavilion Aero 13-be2000』

 

発熱対策でCPU性能が抑えられているような印象はありますが、それでも性能は優秀です。発熱や騒音も、個人的には許容範囲内でした。キーボードの配列にややクセがありますが、総合的にはかなりコスパの高いモバイルノートPCです。10万円前後でノートPCを探している人にオススメ。

 

この記事ではメーカーからお借りした実機を使って、デザインや性能、実際の使い心地などをレビューします。

スペック

発売日 2023年4月4日
OS Windows 11 Home
ディスプレイ 13.3インチ、1920×1200ドット、IPS、100% sRGB
CPU Ryzen 5 7535U / Ryzen 7 7735U
メモリー 8 / 16GB LPDDR5-6400 ※オンボード
ストレージ 256 / 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon 660M(Ryzen 5) /680M(Ryzen 7)(CPU内蔵)
通信 Wi-Fi 6E、Bluetooth 5.3
インターフェース USB Type-C(PD / DP)×1、USB Type-A ×2、HDMI2.1、ヘッドフォン出力 / マイク入力
生体認証 指紋認証
サイズ / 重量 幅298mm、奥行き209mm、高さ16.9~18.9mm / 約957g
バッテリー 3セル 最大12時間

本体デザイン

Pavilion Aero13-be2000

本体カラーはセラミックホワイトとピンクベージュの2種類

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

今回試用したのは、セラミックホワイトのモデル。清潔感のあるさわやかな白です

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

ボディは軽量でも強度が高いマグネシウム合金製。マグネシウム特有のざらついたドライな手触りはありませんが、塗装がやや厚いためマットな手触りです

 

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

設置面積は幅298mm×奥行き209mm

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

A4ノート(ピンク)とB5ノート(ブルー)とのサイズ比較。ほぼA4サイズ(幅297×奥行き210mm)と考えていいでしょう。13インチタイプとしてはコンパクトです

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

厚さは公称値で16.9~18.9mm。底面部のゴム足を除いた本体のみの高さは実測で16.9mmでした

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

底面部のゴム足を含めた設置時の高さは、実測で17.6mm

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

実際に手で持つと、とてもスリムに感じます

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

重さは公称値では約957gですが、実測では991gでした

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

公称値よりもやや重かったものの、実際に手で持つととても軽く感じます

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

ディスプレイを開いた状態

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

ホワイトのモデルは、キーボード面もホワイト。キーの色とキーボードベゼルの色がわずかに異なる上に影でキーの輪郭がはっきりと出ているので、個々のキーは比較的判別しやすく感じます

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

ディスプレイのベゼル(枠)は細めで、画面周りがスッキリとしています

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

カメラは720p 30fpsの動画撮影に対応。一般的なスペックですが、最近増えてきた1080pタイプよりも画質がワンランク落ちます

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

インターフェース構成。Type-CはUSB PDによる充電と映像出力に対応しています。CPU的にはUSB4に対応しているのですが、この機種では非対応です。

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

Type-Aはカバー付きですが、USB利用時は特にカバーを操作する必要もなく、普通に挿入できました

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

電源アダプターは65Wの丸口タイプ。重さは実測で317gです。以前のタイプよりも小型化していますが、サードパーティのUSB充電器と比べればまだまだ巨大

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

スピーカーは底面部に配置。低音域はややこもって聞こえるものの、動画やビデオ会議の音声はクリアーに聞こえます

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

キーボード右下に指紋センサー

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

排気口はこの位置

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

底面部には吸気口

ディスプレイについて

HP Pavilion Aero 13-be2000

画面サイズは13.3インチで、解像度は1920×1200ドット

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

色域は100% sRGB。スマホやタブレットほどの鮮やかさはないものの、ノートPCとしては鮮やかな色合いです

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

明るさも十分で、作業時に暗く感じることはありませんでした

キーボードについて

HP Pavilion Aero 13-be2000

キーボードはテンキーなしの日本語配列で、バックライトに対応しています

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

キーボードの左側

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

キーボード右側。Enterキーの右側に、特殊キーが縦に並んでいます。慣れないウチは打ち間違いがあるかもしれません

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

電源ボタンがEnterキー上の微妙な位置にありますが、長押ししないと反応しないため、打ち間違いで作業中にスリープへ移行することはありません

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

キーストロークは浅めですが、キーを押した瞬間のクリック感がやや固いので、手応えは感じられます。押下圧も高く、薄型ノートPCのなかでは比較的押し込むように打つキーボードです

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

クリック感が固いのもあって、タイプ音はカタカタとやや大きめ。軽い力で入力すればうるさくはありませんが、静かな場所では周囲に配慮したほうがいいでしょう

ベンチマーク結果

試用機のスペック

CPU Ryzen 7 7735U(Zen3+、8コア、28W)
メモリー 16GB LPDDR5-6400
ストレージ 512GB NVMe SSD
グラフィックス Radeon 680M(CPU内蔵)

※ベンチマークテストはWindows 11の電源プランを「バランス」電源モードを「最適なパフォーマンス」または「バランス」に設定した上で、電源アダプターを接続した状態で実施しています

※ベンチマーク結果はパーツ構成や環境、タイミング、個体差などさまざまな要因によって大きく変わることがあります

CPU性能

CPUとしては、Zen3+世代のRyzen 5 7535UまたはRyzen 7 7735Uが使われています。旧世代のRyzen 5 6600U / Ryzen 7 6800Uのリフレッシュ版的なイメージです。

 

CPUベンチマークではマルチスレッド(マルチコア)のテストで、非常に優れたスコアが出ています。ただWindows 11の電源モードを変えて同じテストを行なったところ、高いパフォーマンスを設定できるはずの「最適なパフォーマンス」ではスコアが伸び悩みました。標準的な「バランス」設定と変わらないのであれば、パフォーマンスを調整する必要はないかもしれません。

 

CPUの性能差 (総合性能)

CPU PassMark CPU Mark Score
Pavilion Aero 13(Ryzen 7 7735U) ※バランス
22475
Pavilion Aero 13(Ryzen 7 7735U) ※最適なパフォーマンス
22432
Ryzen 7 7735U
21043
Core i5-1340P
20760
Core i7-1360P
19623
Ryzen 7 7730U
18979
Core i5-1335U
18240
Ryzen 5 7535U
17163
Ryzen 5 7530U
16196
Core i7-1355U
15636
Core i3-1315U
13033
Ryzen 3 7330U
10909
Core i3-N305
10265
Ryzen 5 7520U
9759
Ryzen 3 7320U
9249
Intel N100
5638

※スコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値

軽めの作業に強く影響するシングルスレッド(シングルコア)のテストでは、第13世代Coreプロセッサのほうが高いスコアが出ています。またこちらもパフォーマンス設定を変更してテストを行なったところ、「最適なパフォーマンス」のほうが若干高い結果となりました。

 

CPUの性能差 (シングルスレッド)

CPU PassMark CPU Mark Score
Core i7-1360P
3670
Core i5-1335U
3665
Core i7-1355U
3606
Core i3-1315U
3573
Pavilion Aero 13(Ryzen 7 7735U) ※最適なパフォーマンス
3524
Pavilion Aero 13(Ryzen 7 7735U) ※バランス
3507
Ryzen 7 7735U
3289
Ryzen 7 7730U
3228
Ryzen 5 7530U
3136
Ryzen 5 7535U
3105
Ryzen 3 7330U
3089
Ryzen 5 7520U
2573
Ryzen 3 7320U
2485
Core i3-N305
2279
Intel N100
1971

※スコアはPassMark CPU Benchmarksによる集計値

 

総合的な負荷の高いマルチスレッドのテストでスコアが下がるのは、CPUの発熱が影響している可能性があります。熱で性能が低下しているか、もしくはあえてパフォーマンスが伸びないよう調整されているのかもしれません。

 

とは言え、薄型ノートPC向けCPUとしては現時点では最高クラスの性能です。重い処理でも快適にこなせるでしょう。

グラフィックス性能

グラフィックス機能としては、CPU内蔵のRadeon 660M(Ryzen 5モデル)またはRadeon 680M(Ryzen 7モデル)が使われます。3Dベンチマークテストの結果は内蔵グラフィックスとしては優秀ではあるものの、同じグラフィックス機能の平均値をやや下回りました。ごく軽めのゲームや小規模クラスのクリエイターワークには、ある程度の効果は見込めそうです。

 

内蔵グラフィックスの性能差(DirectX 12)

GPU 3DMark Time Spy Graphicsスコア
GTX 1650
3445
Radeon(RDNA 3)
2862
Radeon 680M(Zen3+)
2211
Pavilion Aero 13(Radeon 680M、Zen3+)
1901
Iris Xe(Core i7+LPDDR4)
1528
Iris Xe(Core i5+LPDDR4)
1302
Radeon (Zen3)
1204
Iris Xe(Core i7+DDR4)
1149
Radeon (Zen2+)
1000
Iris Xe(Core i5+DDR4)
977
UHD(Core i3)
900

※そのほかのスコアは当サイト計測値の平均

PCを使った作業の快適さ

PCMark10は、PCを使った作業の快適さを計測するベンチマークテストです。一般的な作業を想定しているため、テストでは比較的軽い処理が行なわれています。各テストの傾向としては「Essentials」(一般利用)ではCPUのシングルコア性能やストレージ性能、「Productivity」(ビジネス利用)ではCPUのマルチコア性能とメモリー性能、「Digital Contents Creation」(コンテンツ制作)ではCPUとストレージ、GPU性能が強く影響するようです。

 

各テストの目標値は大きく上回っており、一般的な使い方であれば快適に利用できるでしょう。ただしCPUに高い負荷のかかるマルチコア系の処理では、少し伸び悩んでいるようにも見受けられます。

 

PCMark 10ベンチマーク結果

テスト スコア
Essentials
(一般的な利用)
目標値:4100
Aero139663
ThinkBook10616
Flex510917
ZenBook159869
15-eg10258
Ins1610501
Productivity
(ビジネス利用)
目標値:4500
Aero139178
ThinkBook10003
Flex59572
ZenBook158854
15-eg7417
Ins167622
Digital Contents Creation
(コンテンツ制作)
目標値:3450
Aero137509
ThinkBook6018
Flex56536
ZenBook8298
15-eg6026
Ins166624

※スコアの目標値はPCMark 10公式サイトによるもの

比較機のスペック(スリムノートPC)

▶ThinkBook 14 Gen5 Ryzen 5 7530U / 16GB / Radeon
▶IdeaPad Flex 5 Gen8 Ryzen 7-7730U / 16GB / Radeon
▶Zenbook 15 OLED Ryzen 7 7735U / 16GB / Radeon
HP Pavilion 15-eg Core i7-1355U / 16GB / Iris Xe
Inspiron 16 5630 Core i7-1360P / 16GB / Iris Xe

バッテリー駆動時間

バッテリーの駆動時間は最大12時間とされています。しかしこれはバッテリーの消費量を極力抑えた状態の結果であって、実際の利用に即した結果ではありません。

 

そこでPCMark10のバッテリーベンチマーク機能を使い、ビジネス作業 (Web閲覧や文書作成、ビデオチャットなど)での駆動時間を計測したところ、開始から7時間51分でバッテリー残量が3%に達し休止状態へ移行しました。最近の機種としてはあまり長いほうではありませんが、まあ妥協できる範囲内ではあるでしょう。

 

ただしテスト機のディスプレイ解像度が2560×1600ドット(国内未発売仕様)の試作機であったため、バッテリー駆動時間が通常よりも短くなっている可能性があります(解像度が高いほどバッテリー消費量が大きい)。またディスプレイの輝度やパフォーマンス設定を下げれば、駆動時間が延びるかもしれません。

 

PCMark 10バッテリーテスト検証結果(Ryzen 7モデル)

テスト方法 バッテリー消費 駆動時間
※公称値 ※非公開
Modern Office (ビジネス作業) 7時間51分
充電率50%までの時間 58分
満充電になるまでの時間 2時間35分

※テストの条件や計測方法についてはコチラ

熱と騒音について

今回試用したRyzen 7モデルでは、高負荷時にキーボード上部がほんのり温かくなるのを感じました。不快になるほどではなく、個人的には特に気になりません。

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

高負荷時にキーボード上部あたりがほんのり温かくなりますが、熱く感じるほどではありませんでした ※個体差があります

 

高負荷時におけるCPUの温度を計測したところ、平均では70度前半を推移していました。Windows 11の電源モードを変えた場合でも、大きな変化はありません。むしろパワーが低いはずの「バランス」で高いクロックが出ており、「最適なパフォーマンス」よりも優れた性能を出せる可能性があります。

 

センサーのログを確認したところ、サーマルスロットリング(熱による性能低下)は発生していませんでした。おそらく熱が上がりすぎないように、システム側でチューニングされているのかもしれません。

 

HP Pavilion Aero 13-be2000

CINEBENCH R23のマルチコアテストを10分間行なった際のCPUクロックとCPU温度の推移

 

高負荷時の駆動音(排気音やファンの回転音)はハッキリと聞こえるものの、うるさくはありませんでした。ただ無音ではないので、多少の音が聞こえるのは認識しておいたほうがいいと思います。

 

駆動音の計測結果

電源オフ 36.5dBA
待機中 36.5dBA前後 ほぼ無音
高負荷時(バランス) 40.5dBA前後 排気音がハッキリと聞こえる。うるさくはないが、静かな場所では音がそれなりに気になる
高負荷時(最適なパフォーマンス) 40.5dBA前後 同上

超軽量モバイルノートPCとしては非常に高コスパ

HP Pavilion Aero 13-be2000

薄型ノートPCとしては最高クラスのパフォーマンスで、なおかつ1kgを切る超軽量タイプ。純粋にスペック面だけで見れば、最強クラスのモバイルノートPCと言っていいでしょう。

 

さらにスゴイのは、値段がそれほど高くはない点です。1kgを切る超軽量タイプは値段が非常に高く、Core i5+8GBメモリーの組み合わせでも10万円、15万円を超えることは珍しくありません。しかしHP Pavilion Aero 13-beならセール時でRyzen 5+16GBメモリーモデルが9万円前後、Ryzen 7+16GBメモリーモデルで11万円前後で販売されることがあります。楽天のポイント還元を含めれば、さらにお得に入手できることもあるでしょう。

 

HP Pavilion Aero 13-be

セール時には驚くほどお得に入手できることがあります

 

ただしキーボードの配列や、ボディがやや華奢に感じる点に不満があるかもしれません。頑丈には作られているものの、ほかの高級ノートPCに比べると、わずかに頼りなさを感じるのはあると思います。

 

しかしコスパの面で見れば、非常に優秀です。耐久性についても基本的には問題ないものの、余った予算で有料保証を追加する手もあります。高性能な超軽量ノートPCを検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

当サイトでは、パソコン・ガジェット関係のお買い得情報やレビューを公開しています。最新のお買い得情報は当サイトのツイッターアカウントでお知らせしているので、ぜひフォローをお願いします。
ツイッターでこまめブログをフォローする

関連記事

お買い得情報一覧

記事を書いた人
こまめブログ

元雑誌・書籍編集者からPC系フリーライターを経て、レビューブロガーとして活動しているオジサンです。文章に関わる仕事を始めてから25年以上。最高195万PV/月。安いガジェットやPCをよく買いあさっています

こまめブログをフォローする
スポンサーリンク
こまめブログをフォローする
こまめブログ
タイトルとURLをコピーしました